またマスコミ関係者が犯罪 神奈川新聞の横須賀支社長、盗撮容疑

神奈川新聞 ロゴ

神奈川新聞社(本社・横浜市)は、23日付で、熊坂哲司横須賀支社長(59)を懲戒解雇処分にしたと明らかにした。女性のスカート内を盗撮した疑いで神奈川県警から任意で事情聴取を受けたという。同日、朝刊で公表している。

熊坂容疑者は、18日、出勤途中の電車内で女性のスカート内を盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反容疑で横須賀署から事情聴取を受けた。同社の調査に容疑を認めたといい、22日の臨時取締役会で処分を決めたという。認否については特に明らかにされていない。

同社は「読者・県民の信頼を裏切ったことに対し深くおわびし、再発防止に万全を期す」としているが、マスコミの信用はもはや地の底。特に極左暴力集団を擁護するマスコミが後を絶たず、報道姿勢だけでも信用はない。犯罪者を量産するのも当然だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。