中国報道官が暴言「日本は島の問題でもめごと起こすな」

中国人

先週、沖縄県の尖閣諸島沖の接続水域に入った潜水艦を、政府が中国海軍のものと断定し中国側に抗議したことについて、中国外務省の報道官は潜水艦に関する回答は避けつつ「日本には島の問題でもめごとを起こすのをやめるよう求める」と述べていたことが明らかとなった。日本に責任転嫁した形。NHKなどが報じている。

今月11日、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域で浮上しないまま航行している潜水艦が確認され、その翌日に東シナ海の公海上に浮上して中国国旗を掲げたことから、政府は中国海軍のものと断定し中国側に抗議を行っていた。これについて、中国外務省の陸慷報道官は15日の記者会見で、「潜水艦の状況については把握していない」として回答を避けつつ「日本側の『抗議』は受け入れられない」と述べ、島は中国の固有の領土であると宣言。また、「日本には島の問題でもめごとを起こすのをやめるよう求める」などと責任転嫁。不法侵入を自覚しながら、領土略奪が念頭にあることが明確となった形。

もはやテロともいうべき中国の領海侵犯。国際法に抵触する行為であるが、中国側は領土略奪のため挑発を続けている状態だ。日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。