今年の北朝鮮からの密航船、過去最多

在日韓国青年同盟とは

海上保安庁は、27日、今年確認された北朝鮮からの密航船が同日正午時点で100件に達したと公表した。密航船は主に木造船だが、母艦があるといい、組織的に日本にやってきているとされる。

北朝鮮からの今月は41件で、過去最多。船舶と衝突する危険があり、海保は発見のたびに警報を出して、周辺を航行する船に注意を呼びかけている。密航船は日本に密入国することや挑発することが目的であるとみられ、また窃盗団が潜り込むケースもある。どのみち犯罪行為だ。

韓国・朝鮮人は日本への密入国が常套化。そもそも在日韓国・朝鮮人のほとんどが戦後のどさくさで日本に密入国したことでそのまま定住しており、その数は20万人から25万人にのぼったとされる。韓国・朝鮮人らは「強制連行された」などとウソをつき、賠償と謝罪などを求め責任を日本のせいにしながら逃れようと必死だ。2009年から3年間続いた民主党(現:民進党)政権により韓国人の渡航ビザが免除されたことも不法滞在に拍車をかけており、問題が深刻化している。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。