また在日韓国人 偽装結婚のため書類偽造

韓国人 反日

偽装結婚していた在日韓国人の趙仁仙容疑者(43)と東京・江戸川区の飲食店従業員・横立好春容疑者(65)の2人が警視庁に逮捕された。在留資格を得るため偽造した証明書類を提出していた疑い。

2人は今年4月、趙容疑者の在留資格を得るため共謀し、実際には同居していないにもかかわらず偽造した証明書を東京入国管理局に提出し、偽装結婚していた疑い。趙容疑者は去年7月に婚姻届を出した時点でおよそ16万円、その後も月に2万円ずつ横立容疑者に報酬として支払っていたという。趙容疑者は「うそをつくつもりはなかった」などとうその供述をしているという。

在日韓国人の犯罪が後を絶たない。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。