【速報】台湾総統選:民進党・蔡英文氏が当確 8年ぶりの政権交代、史上初の女性総統の誕生

蔡英文

台湾の総統選挙は、16日に投開票された。結果、野党・民主進歩党(民進党)の蔡英文主席(59)が、与党・中国国民党の朱立倫主席(54)ら2候補に大差をつけ当選を確実とした。台湾で女性総統の誕生は史上初。政権交代は8年ぶりとなる。就任式は5月20日。台湾メディアが大々的に報じている。

投票は同日午後4時(日本時刻で5時)に締め切られた。開票の結果、蔡氏が他の候補者に大差をつけ圧勝、当選を確実とした。蔡氏は「台中関係の現状維持」「日本と台湾の友好」を主張し、中台協調を全面に掲げる朱氏を圧倒。現職の馬英九総統は台湾経済の対中依存度を高めたため批判を受けていた。

蔡氏の当確により、台湾では「台湾人」としてのアイデンティティーの確立に期待が高まっている。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。