毎日新聞元局長を再逮捕 他人カードで成りすまし不正に65万円を引き出す

毎日新聞

兵庫県警捜査3課と三田署は、10日、元毎日新聞幹部のフリーライター、兵庫県西宮市名塩平成台の藤原規洋(のりひろ)被告(62)を再逮捕した。他人のキャッシュカードで現金計65万円を不正に引き出したとする、窃盗の疑い。藤原容疑者は特殊開錠用具所持禁止法違反罪で起訴されていた。

再逮捕容疑は、2015年12月22日未明、兵庫県三田市内のコンビニ2店で、同市に住む男性会社員(60)名義のカードを悪用し、ATM(=現金自動預払機)から現金計65万円を引き出して盗んだ。また男性の妻(55)名義の口座からも現金50万円が引き出されており、県警が関連を調べているという。藤原容疑者は10月31日、長さ約60センチのバールを車内に隠し持っていた疑いで逮捕されていた。藤原容疑者は「全く身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

藤原容疑者は大阪本社経済部長や同制作技術局長などを歴任。毎日新聞といえば朝日新聞と並んで情報操作と反日、そして極左暴力集団への荷担でお馴染みだ。7日には朝日新聞の東京本社報道局スポーツ部記者がJR山手線内で女性のスカートの中を盗撮し逮捕されていた。極左メディアの犯罪性が浮き彫りとなった形。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。