自民党・石破茂さん、米トランプ大統領訪日でなぜか日中韓関係に言及

自民党・石破

自民党の石破茂元幹事長は、5日、東京都内で記者団に対し、来日したトランプ米大統領について意見を述べた。石破さんは「必ずしも国民の全幅の信任を得ていない政権であることはよく認識すべきだ」などと発言、トランプ政権を批判した。

その上で、安倍晋三首相の外交姿勢に関し、「日米・日露に比べて、日中・日韓がやや薄い」などとも発言、北朝鮮問題を外交的に解決すべきとの意思を示した。反米ともとれる発言で、安倍首相とトランプ大統領の外交を汚す放言だ。

近年活発化する極左暴力集団の“反安倍”を援護するかのような石破さんの暴言。これまでも「安倍政治」に批判的な党内勢力を結集するなど、党内クーデターを起こそうと躍起になっていた例もある。石破さんの思惑とは何なのか、自民党は今後も注視すべきだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。