在日中国人暴力集団「チャイニーズ・ドラゴン」 さらに監禁事件発覚で逮捕者

中国人

東京・池袋を主な拠点とし在日中国人を中心に構成される暴力集団「チャイニーズ・ドラゴン」の張崇栄容疑者(22)が警視庁に逮捕された。池袋のカラオケ店に男性を監禁し現金を脅し盗ろうとした疑い。

張容疑者は、今年8月、豊島区池袋本町のカラオケ店に在日中国人の男性(19)を連れ込んで監禁し、暴行を加えたうえ、「140万円を出せ」と現金を脅し盗ろうとした疑い。男性は、左手にタバコの火を押しつけられるなどして、全治14日の怪我を負った。張容疑者は、「その場にいたが何もしていない」などと容疑を否認しているという。

今年9月末には同じく「チャイニーズ・ドラゴン」の女ボスとされる憑雪華容疑者(57)を含む在日中国人6人が逮捕されている。容疑は同じく拉致・監禁。在日中国人の犯罪は後を絶たず、中国本土から共謀者を呼び寄せ日本国内で犯罪組織を拡大、「チャイニーズ・ドラゴン」もその一角だ。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。