TOKYO MXが公式サイトアクセス被害で個人情報大規模流出、37万件超か

テレビ

TOKYO MXは、4日、同局の公式サイトが3日に不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があるとして、文書を通じ経緯を報告し謝罪した。

同局によると、3日午後8時頃、同局ホームページサーバーにおいてアクセスの異常値が記録されたため、調査したところ外部からの不正アクセスが発覚したという。流出したとみられる個人情報は、視聴者の氏名およびメールアドレスの情報など約1270件と、メールアドレスやニックネームの情報など、計約37万件。同局は事件の原因について、サーバーの一部プログラムに脆弱性があり、その部分を介して情報が不正に取得された可能性があると説明している。

現在はサイトの該当部分の利用を停止するとともに、情報流出が拡大・発生しないよう対策している。何者が不正アクセスを行ったのかについては公表しておらず、不正アクセスの詳細な分析を行い、専門家の意見も反映しセキュリティー強化と安全性の確保に努めるとしている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。