社民党、民進党の落ちこぼれ議員獲得に全力 「社民党をふくめリベラル勢力をふやしたい」

福島みずほ

これまでリベラル(=自由主義、新自由主義)を謳っていたのは民進党だった。しかし衆院選を控え、これまでリベラルを全面に押し出していなかった社会民主党がリベラルを名乗り始めている。

社民党の福島みずほさんは、3日、自身のTwitterで「社民党をふくめリベラル勢力をふやしたい」とコメント。民進党の落ちこぼれ議員を勢力に加えようと画策している。

社民党は2013年以降、公職選挙法の規定ギリギリの5議席。党首である吉田ただともさんも議員ではない状況で、消滅の危機だ。これまでリベラルを名乗っていなかったが、ここにきてリベラルを自称、民進党議員の獲得を狙っている。吉田党首も、9月30日ごろよりリベラル勢力の獲得に力を入れ、「希望の党に行けない方とリベラルな方々と連携を」とコメントしている。選挙に乗じて、まるでハイエナ状態だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。