北朝鮮ミサイルに全く罪の意識がない在日朝鮮人

在日韓国青年同盟とは

先月29午前6時頃日、日本の上空を北朝鮮のミサイルが飛んだ。政府や交通各社、またその他の企業なども対応に追われ、一時混乱が続いた。政府は強く非難を行い、平和を脅かす行為であると宣言、北朝鮮の行いについて今後は世界各国と連携し抗議を行っていくとした。

これについて在日朝鮮人らは、「騒ぎすぎ」「在日朝鮮人の子どもたちが差別されないか心配」などと、まるでよそで起きている事件のような反応。さらには「嫌韓が進まないか心配」などとも発言、自国が日本の平和を脅かしていることなど全く意にもとめていないようなそぶり。自分たちの地位が脅かされないかについて心配している状態だ。当然ながら朝鮮総連(=在日本朝鮮人総聯合会)をはじめとする在日朝鮮人団体は謝罪どころか会見すら行わず、罪の意識すらない様子だ。

極左暴力集団などは、「安倍(晋三)政権が北朝鮮の反発を煽った」「安倍が北朝鮮にミサイルを撃たせた」などと事実無根の責任転嫁、日本が一方的に悪いとこじつける始末。混乱のどさくさに紛れ反政府運動を盛り上げようと必死で、北朝鮮の悪事については全く言及する意志を持っていない。また極左暴力集団の末端、反核団体なども沈黙、むしろ「核ゴミ」に言及し北朝鮮のミサイルはなかった事件であるかのように扱っている。北朝鮮のミサイル発射により、反日団体の素顔が見えた。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。