台湾総統選:蔡氏独走のまま最終盤

蔡英文

台湾総統選は、9日、最大野党、民主進歩党(民進党)の蔡英文主席が独走したまま残り1週間となった。台湾総統選は16日に投開票される。台湾各紙が報じている。

蔡氏の独走により、台湾は政権交代と初の女性総統誕生が濃厚。蔡氏は9日、南部から台湾全土を回る縦断ツアーを始め、与党、国民党の朱立倫主席は台北市内で20万人規模(主催者発表)の大規模行進と集会を行い、ともに最終盤の選挙運動に突入した。

蔡氏は「日台友好」を掲げる政治家として知られ、穏健派。同性愛・同性婚に対しては賛成の立場をとっており、脱原発派であり、尖閣諸島について台湾領であることを主張している。経済面で日本と協力関係を結びともに成長できるようにすることを念頭に置いている。蔡氏の突破で日台関係がどう変わる可能性があるのか?注目しなければならないだろう。

(関連)

蔡英文(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%94%A1%E8%8B%B1%E6%96%87

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。