緊急速報:内閣官房、北朝鮮ミサイルに関する声明発表

cropped-toyo-rogo2.jpg

菅義偉官房長官は首相官邸で、北朝鮮西岸から29日5時58分ごろにミサイルが発射されたことについて、詳細を発表した。ミサイルは日本の上空を通過し、3つに分離し、太平洋上に落下したとみられる。破壊措置は実施されなかった。菅官房長官は6:40より詳しい内容を公表した。

〈菅官房長官公表の概要〉
弾道ミサイルが北朝鮮より北東方向に発車。6時12分ごろ、襟裳岬より東1180キロメートル地点の太平洋上にミサイルが落下。落下物は確認されていない。船舶などの被害は出ていない。政府は迅速的確な情報を発信し、北朝鮮の今後の情報分析を徹底する。米国などと協議しながら、対応を行う。国家安全保障会議を早急に行い、安全について協議する。
北朝鮮の行為については、わが国の安全を脅かすもの。北朝鮮の挑発行動は断じて容認できないもので、抗議を行っていく。国民の安全確保のために万全をとる。

——————

政府では、国民保護に関する情報を発表、不審物を見付けた際はただちに警察や消防に連絡するよう国民に呼びかけている。JR東日本では、新幹線・在来線で一時、安全確認のため運転を見合わせている。

(関連)

緊急速報:北朝鮮ミサイル、日本に向けて発射 上空を通過
http://www.media-japan.info/?p=5153

(06:43)


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。