日韓合意を完全に無視し始めた韓国 ソウル市が慰安婦の創作コンテンツ募集、賞金200万ウォン

売春婦

2015年12月28日の日韓外相会談で、慰安婦問題日韓合意が結ばれた。韓国側が一方的に主張する慰安婦問題について、日本は10億円を支払い、最終かつ不可逆的に解決したとして結ばれた合意だ。しかし韓国はその後も慰安婦像を各地に建造、問題を蒸し返し、日本にさらなる賠償金を支払わせようと画策。韓国側のこうした行為は合意違反に相当するが、韓国は全く聞く耳持たず、日本に挑発を続けている。わかりやすく言えば、慰安婦問題は韓国にとって、日本に“タカリ行為”を行いながら反日活動もできる外交ツール。10億円に味をしめた“おかわり行為”だ。

韓国紙によると、ソウル市は慰安婦にまつわる創作コンテンツの募集を宣言。慰安婦の世界記録遺産登録を目指し、市民の関心を引くためとして漫画・アニメ、ウェブデザイン、ウェブ動画などを募集。公募テーマは「日本軍慰安婦被害者の声をどのように記憶するか」などとしており、当選作は慰安婦関連記念事業各種広報資料や政策のアイデアとして活用されるといい、日韓合意を守る気などさらさらないことがうかがえる。最優秀賞には対象1人に200万ウォンが授与され、優秀賞2人には各100万ウォン、次点4人には各50万ウォン、奨励賞8人には各20万ウォンを授与するという。

日韓合意は言うまでもなく国際法。国と国との信頼の上に成り立っているものだ。しかし韓国側はその国際法を一切無視し、違反を続けている。むしろ今まで以上に慰安婦問題を活発化させ、反日活動に繋げようと躍起になっている。これは日本を裏切る重篤な国際犯罪行為である。しかし日本はこれに対し国際司法裁判所への提訴のそぶりを見せることはなく、一方的にやられ放題となっている。今後も韓国はタカリ行為と反日活動を続けていくとみられ、慰安婦問題も何事もなかったかのようにこれまで以上に日本への挑発ツールとして使っていくことだろう。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。