韓国人が台湾民進党本部に空き巣→日本に逃亡するも入国拒否→台湾で逮捕→脱走を試みるも拘束→不当拘束であるなどと主張

韓国人

台湾メディアは、6日、台湾の民進党本部に侵入して盗みを働いた韓国人の男が、現地の警察当局に逮捕されたと伝えた。現金9万台湾元(約33万円)余りを盗んだ疑い。

台湾メディアによると、監視カメラの映像を解析した結果、8月2日に1人の不審な男が党本部の8階に10分間あまり侵入していたのを発見した。調査の結果、現金9万台湾ドル(約33万円)余りがなくなっていた。これをうけ、台湾の地元警察が捜査、6日に韓国人の男を新北市烏来区の空き家で逮捕した。先月31日に台湾入りした韓国人の男は、今月1日に民進党本部から現金を盗んだあと、同日夜のフライトで日本への逃亡を図っていた。しかし日本は入国拒否、行き場を失い台湾で逮捕された。さらにその後、空港内で脱走を企てるもあえなく拘束された。

容疑の韓国人の男は不当逮捕であるなどと主張、その後も数度にわたり脱走を企て、大声でわめきちらすなどの迷惑行為をはたらいていたという。男の身元はわかっておらず、本名などは報じられていない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。