また迷惑韓国 竹島めぐり公使呼び抗議

竹島

韓国外交部は、8日午後、日本政府が2017年版防衛白書に竹島について「わが国固有の領土」と記述したことについて、在韓日本大使館の水嶋光一総括公使を呼んで抗議した。韓国紙などが伝えている。

韓国側は竹島の記述について、「歪曲(わいきょく)された内容だ」などと抗議、歴史的、地理的、国際法的に韓国固有の領土であるなどと主張した。さらには同日午前、韓国国防部も日本大使館の防衛駐在官を呼び抗議したという。韓国側が一方的に武力支配していることには触れず、事実を隠し、日本の主張が出鱈目であるとした。

竹島は防衛白書に記載の通り、日本固有の領土であり、歴史的、地理的、国際法的にも認められている。これに対し韓国は、事実に基づかず自分たちの領土であるとし、日本人漁民などを惨殺、竹島を奪い盗った上で現在も不法に武力による占拠を続けている。近年では韓国企業が進出、送電線の建設やイベント事業などを行い、不法に日本を挑発し続けている。これに対し日本の外務省は、竹島が日本の領土であることを周知する活動を行ってはいるものの、積極的に韓国政府に抗議は行っていない状況が続いている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。