韓国が従軍慰安婦財団を本格設立 日韓合意を無視

韓国人 反日

韓国・ソウル聯合ニュースは、韓国政府が、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の日本との合意に基づき、被害者支援のために設立した「和解・癒やし財団」に対する調査・検討に本格的に着手することを報じた。

日韓合意においては、韓国が一方的に主張している従軍慰安婦問題の解決を宣言、日本側が10億円を支払い、二度と問題を蒸し返さないことが双方で合意された。それにもかかわらず、韓国側は合意内容を一方的に無視、今後も日本から金銭を搾取しようと財団を設置することを決めた。なお設立は韓国政府が主導している。さらには「合意に基づく財団」との位置づけ。韓国側が合意を事実上破棄したことになる。財団は、日本に謝罪と賠償を請求するためのもの。

韓国はいま、経済崩壊まっただなか。日韓合意は10億円欲しさに結んだ“国際詐欺”だったことが明確になった形。慰安婦問題を延命させ、今後も日本を相手に詐欺行為をはたらいていくつもりだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。