案内用図記号などのJISを制定・改正、案内地図記号変更も・・・経済産業省

jis

2020年に行われる東京五輪をひかえ、経済産業省は、日本工業規格(JIS)を制定・改正したことを発表した。

同省は、2件の制定及び7件の改正を行ったことを報告。日本人だけでなく外国人観光客にもよりわかりやすい案内用図記号とするため、JIS Z8210(案内用図記号)について、国際規格(ISO)との整合の観点から7種類の案内用図記号を変更し、15種類の新しい案内用図記号及び「ヘルプマーク」を追加した。同省は20日より公示、今後、より円滑に移動しやすい環境整備の実現が期待されるとしている。

同省は、今後の2年間は移行期間であるとしており、2019年7月19日をもって旧型のものはすべて削除されるものとしている。従来の案内用図記号を見られるのも残り2年間だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。