クルーズ船で密航させるブローカーの在日中国人を逮捕

%e6%b0%91%e9%80%b2%e5%85%9a%e3%83%bb%e8%93%ae%e8%88%ab%e4%bb%a3%e8%a1%a8

福岡県警などは、19日、入管難民法違反(集団密航者の収受・輸送)容疑で、行方市芹沢の在日中国人、滕淑平(トン・シューピン)容疑者(37)を逮捕した。福岡市の博多港に入港したクルーズ船から失踪した男女を乗用車で移動させた疑い。産経新聞などが報じている。

逮捕容疑は4月10日午後0時35分ごろ、鉾田市徳宿の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の徳宿駅で、博多港に入港したクルーズ船から失踪した中国籍の男女を集団密航者と知りながら、乗用車で移動させたとしている。県警によると、密航者2人は4月5日に入港したクルーズ船に乗っていたとされ、2人は逃走中で、県警が行方を追っているという。クルーズ船の訪日客については、入国管理局が2015年1月に入国手続きを簡略化。これを悪用し、不法残留を狙って失踪する入国者が問題化しており、今年7月19日までに博多港からの失踪者は69人に上っている。日本の報道では「行方不明」とされる中国人がこの密航者のほとんどで、中国では「日本人が拉致している」と一部で報道、事実でない情報を報じ反日感情を煽っている。調べに対し滕容疑者は、「密航者とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

在日中国人は本土の中国人を呼び寄せ、日本国内で犯罪組織を拡大。詐欺や窃盗などの犯罪を共謀して行っている。犯罪組織を構成する中国人らは今回の事件のように密航してきた者や、偽造したビザなどで入国している者がいるとされる。あるいは旅行と称し短期滞在ビザで入国、行方不明になりながら実際は犯罪組織に荷担しているケースがほとんど。日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。