死亡した中国のノーベル平和賞受賞者、劉暁波氏・・・鳩山由紀夫が見殺しにしていた?

鳩山

中国政府を批判し有罪となり、服役中にノーベル平和賞を受賞した作家で人権活動家の劉暁波氏が、13日、肝臓がんのため中国遼寧省瀋陽の病院で亡くなったことが報じられている。これについて、元首相の鳩山由紀夫氏が自身のTwitterで追悼コメントを述べている。そこには見逃せない一文が。

鳩山氏は「友人から日本での治療をと依頼された」と回想。しかし日本での治療が行われることはなかった。日本での治療を仲立ちしなかった理由については特に触れていないが、劉氏死亡の原因の一つは鳩山氏が絡んでいたことを、鳩山氏が自ら暴露した形だ。

鳩山氏は、中国がさかんに実現を目指している東アジア共同体研究所の理事長であり、中国・西安交通大学名誉教授。さらに最近ではアジアインフラ投資銀行国際諮問委員会(AIIB)委員でもあり、日本においては中国の青年団などとの交流も行っている。劉氏を迫害した中国共産党との癒着が深い立場といえる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。