民進党・小西ひろゆきさん、Twitterで障害者への就職支援に対し的外れなツッコミ

小西ひろゆき

15日、文部科学省が障害者の生涯学習や就労を支援するため、日本青年会議所(JC)との連携に乗り出したことが報じられた。これについて民進党・小西ひろゆきさんは自身のTwitterで反応している。

小西さんは「厚労省は?」とツッコミ。文部科学省と厚生労働省の連携が取れていないことを、またお得意の、安倍晋三政権のせいにしたいかのような物言いだ。しかし実態は違う。文部科学省は厚生労働省と障害者支援についてこれまでも連携を繰り返しており、今年も4月25日付で、厚生労働省・障害福祉課と文科省・特別支援教育課が連名で事務連絡を発出、共同で「障害者の雇用・就労促進のための関係行政機関会議」を開催するなど、障害者がおかれている環境を大きく変えようと努力してきている。

そもそも、内閣府が障害者支援に1000億円の予算を上乗せ。2016年は約1兆8000億円の予算が障害者のための施策関係予算として割かれた。国が障害者に対して全面的に支援を行っているような状況の中、外部組織との連携も行われ始めた昨今。おそらく小西さんはそういった状況を知らないのだろう、またも的外れさが露呈した形だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。