無料のウイルス対策ソフトに注意

パソコン

世界中で猛威を振るうインターネット・ウイルス。日本でも中国からのウイルスが蔓延、インターネットを通じパソコンに侵入され個人情報を盗まれ、金銭を引き出されるなどの被害が相次いでいる。ウイルス対策といえばなんといってもウイルス対策ソフト。パソコンのセキュリティとして欠かせないものだ。

しかしウイルス対策ソフトに新たな問題が発生。インターネット上でフリーでダウンロードできるウイルス対策ソフトの、それ自身がウイルスだったという報告が、TwitterなどのSNSで話題となっているのだ。被害としては、ブラウザが動かなくなったり、「感染したウイルスを削除するには有償のセキュリティソフトの購入を」と督促され従うままにアクセスしたところウイルス感染したりするというもの。もちろん全ての無料ウイルス対策ソフトが危険というわけではないが、特に海外製のものの危険度が高いようで、無料ソフトを信用し使用していたばかりに・・・という声は多い。

無料ウイルス対策ソフトでも優れているものはあり、パソコンの動作が極めて軽い、そしてなにより無料といったものも存在している。しかし、有名な無料のソフトの場合はその穴を尽き、新種のウイルスを作られてしまうリスクもある。やはりはじめから有料のウイルス対策ソフトを導入した方が無難か。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。