東京都議選の選挙違反警告は50件

手錠

警視庁は、2日夜、同日投開票の東京都議選の取り締まり状況を発表した。公表によると、2日午後6時までに公職選挙法違反にあたるとして警告した件数は50件で、前回と比べて197件の減。

違反の内容はのぼり旗の文書掲示違反や届け出外の文書を配った文書頒布違反が多く、街頭演説で選挙運動をしていた人に詰め寄ったなどとして無職の男(44)を同法違反(自由妨害)の疑いで6月29日に逮捕された事件などがあった。警視庁は選挙をひかえ、選挙違反の取締本部を設置していた。

事前の情報では、警視庁は捜査員約2000人態勢で取り締まりにあたる方針を示していた。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。