韓国、慰安婦問題日韓合意でさっそく“裏切り”

韓国人

慰安婦問題に関する日本と韓国の合意を巡り、韓国では5日、賛成と反対、双方の立場から専門家らが討論会やシンポジウムを開いた。その中で、日本政府に対し、元慰安婦の女性たちが求めている法的責任を認めるべきだと主張が出た。

さらに、日本大使館の前に慰安婦を象徴する少女像を設置した支援団体の代表は、安倍総理大臣が朴槿恵大統領に電話でおわびと反省の気持ちを表明したことについて、不十分だと主張するとともに、韓国政府に対し合意を撤回して再交渉するよう求める運動を展開する考えを明らかにした。また、合意とは無関係であるとして、韓国外務省は「慰安婦白書」発刊も計画していることも公表している。「慰安婦白書」は外国語に翻訳されたものも作られるという。日韓合意では、今後「国連など国際社会で慰安婦問題について互いに非難、批判を控える」と表明していた。

日本国内では日韓合意において韓国の“裏切り”を懸念する声が相当数挙がっていた。もはや反日思想がなければ社会を維持できないほどになってしまっている韓国では、これまでもたびたび日本政府や日本企業などに“裏切り”をはたらいてきた。今回の慰安婦問題をめぐる日韓合意についてもさっそく違反する動きが出てきている。韓国が慰安婦問題をめぐる合意で、今後どれほどの“裏切り”をはたらいてくるのか?経過に注目せねばならないだろう。

(関連)

慰安婦問題「妥結」-「最終的かつ不可逆的に解決」を信じられるのか?(豊受真報過去記事)
http://www.media-japan.info/?p=457

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。