また在日韓国人 今度は偽ブランド品で荒稼ぎ、逮捕

韓国人

大阪府警和泉署などは、19日、商標法違反容疑で、在日韓国人の自営業の男(60・大阪市生野区)を現行犯逮捕した。偽ブランド品のTシャツなどを販売目的で所持していた疑い。氏名は公表されていない。

逮捕容疑は、19日午前、経営する大阪市東成区東小橋の衣料品店で、フランス発祥でイタリアに本社があるファッションブランド「モンクレール」の偽Tシャツ1点を販売目的で所持したとしている。偽ブランド品を監視している団体から今年2月、情報提供があったといい、同署が同日、店内を家宅捜索。海外の偽ブランド品とみられる腕時計や靴、かばんなど90品目約550点を押収した。容疑者は容疑を認めているという。

在日韓国・朝鮮人の犯罪が後を絶たない。ありとあらゆる犯罪行為に手を染めており、もはや犯罪するため日本に居座っているというような状況。近年は極左暴力集団に組織的に荷担し共謀している政治犯罪も多く、日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。