知識:警察庁は、共産党・革マル派・中核派などの左翼過激派を「テロ・ゲリラ集団」であると認めている

zainichi2

端的には、警察庁がインターネット公開している警察白書の資料を見てしまえばいっぱつでおわかりいただける。左翼過激派はテロ・ゲリラ集団なのだ。だがそれだけだと記事の意味がないので簡単に解説をしたい。

一般的には左翼過激派と呼ばれる、極左暴力集団。彼らは「革命」を自称するが、実態は暴力的活動を行い国家転覆・政府転覆を狙う活動家たちの集まりだ。わかりやすく言えば反天皇制組織、反政府組織のこと。さらにわかりやすくすれば「日本の敵」である。広く解釈すれば、最近目立つ行動を繰り広げているしばき隊(現:C.R.A.C.)やSEALDs(現:ReDEMOS=リデモス)といった組織も安倍晋三政権の転覆をメインに活動しているため左翼過激派と位置付けられることとなる。左翼過激派として有名なのは、日本共産党、革マル派、中核派だ。他にも革労協、日本民主青年同盟、日本社会主義青年同盟、キリスト者平和ネットなど数え切れないほどさまざまな組織がある。彼らは民間人に成りすまし、国家・政府の転覆を狙っている。そして警察庁では、左翼過激派の展開する暴力的活動を「テロ・ゲリラ」として位置付けているのだ。

おそらく、「テロ・ゲリラ」というと例えばISIL(=イスラム過激派組織)といった物騒なものをイメージすることだろう。警察庁は左翼過激派をそういった集団と同等と位置付けているのだ。日本の場合、左翼過激派は民間人に化けているのだから恐ろしい。とにかく左翼過激派の実態を知ることが大切だ。以下(抜粋)はすべて警察庁の公表する資料だ。一読すれば左翼過激派の実態が見えてくることだろう。警察庁 中核派

■「テロ、ゲリラ」を展開し暴力革命を目指す過激派 1(警察庁)
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten269/sec02/sec02_0201.htm
過激派の誕生と共産党の実態、またその分派組織について。

■「テロ、ゲリラ」を展開し暴力革命を目指す過激派(同上) 2
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten269/sec02/sec02_0202.htm
過激派の起こした具体的事件、現在の過激派の実態。

■過激派集団 革マル派 見えてきたその正体(同上)
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten258/it0.htm
革マル派についての詳しい解説。目次をクリックするとそれぞれの解説が見られる。

■過激派(同上)
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten280/pdf/p13.pdf
革マル派、中核派、革労協の活動と実態。

■セクト色を隠しながら労協、大衆団体への介入を強める過激派(同上)
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten270/10.html
民間人に成りすまし暴力的活動を行おうとしている左翼過激派の活動の実態。

■極左暴力集団等の現状
http://www.npa.go.jp/hakusyo/s63/s630102.html
左翼過激派の系統図、組織および勢力、テロ・ゲリラの実態など。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。