不衛生大国・韓国 まだまだ鳥インフル

にわとり

韓国政府は、5日、南西部の全羅北道・群山から始まったとみられる鳥インフルエンザ(AI)が鶏・アヒルなど家禽(かきん)類に致命的なH5N8型高病原性AIであることが最終確認されたことを受け、李洛淵(イ・ナクヨン)首相の主宰で関係閣僚会議を開き、6日午前0時からAIの危機警報を最も高い「深刻」レベルに引き上げることを決めた。聯合ニュースが報じた。

韓国政府は、一斉消毒を行うため、7日0時から24時間、全国すべての家禽(かきん)類農家と関係者を対象に一時移動中止命令を発令。危機警報が最も高い「深刻」に引き揚げられたことで、農林畜産食品部の「AI防疫対策本部」は政府レベルの「AI中央事故収拾本部」に転換され、全国すべての地方自治体に地域災害安全対策本部が設置されるという。防疫も大幅に強化され、7日から全国の家禽類農家に対し、週1回の一斉消毒を実施予定としている。

しかし不衛生大国・韓国では毎年鳥インフルが蔓延。原因はもちろん、その不衛生さだ。鳥農家や飲食店が不衛生であるためウイルスを完全駆除することができず、また衛生管理意識も低いことから根絶できない状況。さらに、「殺処分すれば損害が発生する」などの理由で、ウイルスが蔓延しても手が付けられない状況になるまで放置する農家も多いという。

ちなみに日本は韓国産の鶏肉を輸入禁止にはしておらず、むしろ韓国のチキン店を受け入れるなど、杜撰な状況が続いている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。