また在日中国人 強盗殺人で逮捕

中国人

長野県御代田町のホテルの部屋で、2日未明に21歳の女性が殺害されているのが見つかった事件で、当時、部屋に一緒にいた24歳の中国人が女性を殺害したうえ現金を奪ったとして、強盗殺人の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは、長野県佐久市の無職・在日中国人、何佳明容疑者(24)。

警察の捜査によると、殺害されたのは東京・新宿区のアルバイト従業員、塚田真優果さん(21)。塚田さんの体には複数の刺し傷などがあり、当時、部屋に一緒にいた何容疑者が、1日午後11時から2日未明にかけて、塚田さんを刃物のようなもので刺すなどして殺害し、現金およそ1万円を奪ったとして強盗殺人の疑い。調べに対し、何容疑者は容疑を認めているという。警察は2人の接点などを引き続き捜査していくという。

在日中国人の犯罪が後を絶たない。日本の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。