慰安婦問題「妥結」-「最終的かつ不可逆的に解決」を信じられるのか?

慰安婦問題妥結

慰安婦問題妥結
2015年12月28日午後、岸田文雄外相と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が会談し、日本政府が韓国政府に対し、元慰安婦を支援するための財団の予算約10億円の拠出を行うことを明らかにした。安倍総理も「心からお詫びと反省の気持ち」を表明するとしている。

会談では、岸田外相、ユン長官ともに、これをもって慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的」に解決すると発表した。しかしながら、「最終的かつ不可逆的」な解決を、韓国側が今後も遵守すると考える人は少ないだろう。

今回の日韓間の妥結は、1965年に締結された日韓基本条約における、日本と韓国および両国の国民の「財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が」「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」という内容を、事実上反古にした内容だからである。

岸田外相は記者団の質問に対し、「財団は日韓で協力して事業を行うものであり、賠償ではありません」と、「事業」という口実の存在を示した。口実を作れば条約を反古にできるという前例ができたのである。

韓国からは今後、慰安婦をユネスコの世界記憶遺産に登録するといった国をあげてのムーブメントが起きることは必然であり、今回の「妥結」だけでは不十分とし更なる要求を行う個人や団体も続出するだろう。

2015年12月28日
天之加久矢

参考:
慰安婦問題で日韓が合意。日本政府が10億円拠出へ【声明全文】
http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/28/japan-korea-agreement_n_8882714.html?utm_hp_ref=japan

日韓基本条約全文
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19650622.T9J.html

About the Author

天之加久矢
豊受真報の記者の天之加久矢(あめのかくや)です。よろしくお願いします。