消費者庁、法的資格のない“医療っぽい行為”に注意喚起 事故多発で

%e5%8c%bb%e7%99%82

消費者庁は、5月26日、「法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に」とのタイトルで消費者に注意喚起を行った。「整体」「リラクゼーションマッサージ」といった“医療でないが医療っぽい行為”に対する注意だ。

同庁は、2009年9月~2017年3月までの統計で、“医療っぽい行為”による事故が1483件にのぼったことを公表。そのうち、治療期間が1ヶ月以上となる神経・脊髄の損
傷等の事故が240件と、全体の約16%を占めていることも公表した。同庁は、疾病がある場合は医師に相談するよう呼びかけている。

厚生労働省では法的資格がある施術を具体的に定めており、法的資格のない施術による事故が1483件。被害の性別は、事故全体で女性が約8割、年齢は30歳代から50歳代までの事故が多く、治療期間が1ヶ月以上となる事故は60歳代以上で発生する比率が高くなっている。神経を痛める例や骨折、脊椎の損傷などの事故が報告されていることを公表している。

詳しい公表内容は消費者庁の公式ウェブサイトより。

(参照)

法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/consumer_safety_release_170526_0002.pdf


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。