仙台市で4件目の中学生自殺事件が茂庭台で発生-何一つ変わらない学校対応

茂庭台中学高H29年度学校だより

2017年5月27日の午後7時過ぎ、仙台市太白区茂庭台で、市内の中学校3学年の女子生徒がマンションから飛び降り自殺を図った。幸い、足の骨折等で済み生命に別状はない。
茂庭台飛び降り自殺の一報
https://twitter.com/0404Kaiya/status/868413028349263872

茂庭台救助の速報
https://twitter.com/Mk04Sendai/status/868408469828714497

事件が茂庭台で発生したことは、twitterの一般ユーザーが報告している。
事件について、河北新報は5月29日に報道。しかし、学校側の対応は目を疑うものであった。

市内の中学校の校長は取材に「27日夜、母親から『娘が転落し、病院に搬送された』と連絡があったが、太白区の件との関連は分からない。女子生徒について、校内アンケートにいじめに関する記載はなかった」と話した。

仙台市は現在、奥山恵美子仙台市長(2期目)が任命した大越裕光仙台市教育長のもと、館中学校(2014年)、南中山中学校(2016年)、折立中学校(2017年)といじめを苦に中学生が自殺し、そのたびに中学校と市教委がいったんいじめを否定し、後にいじめがあったことが発覚するという隠蔽体質が続いている最中である。にも関わらず、いじめの有無について調査するの一言もないばかりか、事件を把握していない、さらには「校内アンケートにいじめに関する記載はなかった」と、早々にいじめを否定する回答を行っている。

ここで問題になるのは、どの中学校で起きたかであるが、仙台市立茂庭台中学校の公式Webは事件直後から、明らかに異常な動きを見せている。
http://www.sendai-c.ed.jp/~moniwajh/
①事件の直後にトップページをいったん非表示設定し、その状態でGoogleにクロールさせキャッシュを変更している。
http://archive.is/igulp

②平成29年度学校だより第2号(5月8日発行)のリンクが非表示に設定されている。
茂庭台中学校公式Web

茂庭台中学校3学年
(この号には、三学年の生徒61名全員の集合写真が掲載されている。)
③各学年とクラスの担任名を記載しているであろう学校要覧(PDF)をサーバ上から削除している。
ここまで不自然な対応を事件の直後に行っている以上、茂庭台中学校に直接問い合わせるのも有効だろう。

仙台市立茂庭台中学校(校長 齋藤栄一)
仙台市太白区茂庭台5丁目3-1
Tel 022-281-3121
FAX 022-304-8254

義家弘介文部科学副大臣
仙台市と市教委と学校は、市内の中学校生徒が4名も自殺を図っても、義家文部科学副大臣が2度にわたり注意し、「隠蔽とだという指摘を受けても仕方ない」と厳しく指摘しても、事実を隠蔽しいじめを否定する体制を、本当に何一つ変えようとしないことが、これで明らかになった。

今年7月は仙台市長選挙(7月9日告示、23日投開票)がある。折りしも27日、出馬に意欲を見せる梅原克彦前市長は報道取材に対し、「いじめや教諭による体罰の事実が次々と明るみに出る現状に対し、『教育界の人同士のかばい合いが現在の状況をもたらしている最大の要因だ』と指摘。市長を務めた1期4年の行政経験や5年数カ月にわたり大学教授として教育に携わった経験に触れ、『悪しき慣行を根本から変えないといけない』と強調」している。
http://www.sankei.com/region/news/170528/rgn1705280036-n1.html
出馬表明を行った菅原裕典氏、市民団体から出馬要請を受けた郡和子衆議院議員(民進党)は、学校のいじめ問題、自殺問題には完全に沈黙している。

仙台市の教育市政は現在、いじめ問題や自殺問題への取り組みへの信頼はゼロであり、一刻も早く生徒たちの安全を守らなければいけない、未曾有の危機に直面している。

2017年5月30日

About the Author

天之加久矢
豊受真報の記者の天之加久矢(あめのかくや)です。よろしくお願いします。