放火テロ? 老人が山陽新幹線内で紙燃やし座席焼く

火

26日午前11時10分ごろ、JR岡山駅(岡山市北区)に停車直前の山陽新幹線みずほ615号(新大阪発鹿児島中央行き8両編成)の車内で男が紙に火を付け、取り押さえられた。火は間もなく消され、怪我人はいなかった。座席には焼け跡が残った。

岡山県警は現住建造物等放火未遂容疑で神戸市東灘区住吉南町、無職渡辺保弘容疑者(80)※いずれも自称 を現行犯逮捕した。「新幹線の座席を燃やそうとしたことに間違いない」と容疑を認めているが、動機については供述していないという。同列車は運転を取りやめ、県警が車内を実況見分している。県警によると、渡辺容疑者は先頭車両の1号車後方に乗車。A4サイズくらいの書類数枚にライターで火を付け、座席に放火しようとしたが、焦げる臭いに気付いた他の乗客らがペットボトルに入ったお茶を掛けて消火したという。渡辺容疑者は「座席を燃やそうとしたことに間違いはない」と話しているが、動機などについては要領の得ない返答を繰り返しているという。

これについて渡辺容疑者は、県警が調査したところ、始発駅の新大阪で乗車、小倉行きの切符を所持していたという。乗車目的そのものが放火だった可能性もある。JR西日本などによると、車内には当時約350人の乗客がおり、7本の列車に最大で19分の遅れが発生し、計4600人に影響が出たという。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。