【論説】仙台折立中いじめ自殺事件の関係教諭名がネットで告発される

奥山恵美子仙台市長

2017年4月26日に仙台市青葉区の折立中学校で、中学二年生の男子生徒がいじめを苦に自殺した事件は、日を追うごとに奥山恵美子仙台市長と大越裕光仙台市教育長下の隠蔽体質が、白日の下に晒される展開になっている。
大越裕光仙台市教育長
市教委が最初の記者会見を行ったのは、事件から3日後の4月29日。このとき大越教育長と髙倉祐一校長らは「(いじめと)はっきり断定したものはない」「いじめというより、からかい」「『もう帰れ』『うざい』など、子どもが普通に使う言葉の言い合い」「(被害者生徒と複数の同級生との)1対1の問題」と発表した。
折立中保護者説明会
しかし、翌5月1日に一転、大越教育長は「いじめという認識があった」と報道陣に回答した。髙倉校長も当日夜の折立中保護者説明会の後の記者会見で、「いじめと言うべきだったと反省している」とした。発表内容が一転した理由は、文部科学省より仙台市教委に対して、今回の問題をいじめ防止対策推進法が定める「重大事態」と捉えるよう指導したからであった。
折立中いじめ自殺事件
http://www.media-japan.info/wp-content/uploads/2017/05/oritate_ijime.jpg
今回の事件は河北新報と朝日新聞の記者を筆頭にマスメディアが奮闘。当初、折立中と仙台市教委が「(いじめと)はっきり断定したものはない」と態度をぼかしていたが、少なくとも被害者生徒に対するいじめは昨年5月16日から起こっていたことが判明した。
折立中ブログ
被害者生徒がいじめに苦悩する中、折立中はブログで、「いじめのない折中、活気あふれる折中にするためにみんなで頑張っていきましょう!」と他人事のように書いている。被害者生徒はこのブログをどんな想いで見ていたことであろうか。
http://www.sendai-c.ed.jp/~oritate/oritate-blog/log/eid100.html
大越裕光仙台市教育長
奥山恵美子仙台市長(二期目)に任命された大越裕光仙台市教育長の下、館中学校(2014年)、南中山中学校(2016年)、そして折立中学校と、仙台市内で3名もの生徒がいじめを苦に自殺し、3件とも学校と市教委でいじめはなかったと発表し、後にいじめの事実が発覚するという不祥事が続いたが、奥山恵美子仙台市長は大越教育長の留任を表明した。これは、奥山市長自身が今夏をもって仙台市長を引退する意向を発表したためであり、残り数ヶ月間に自身の任命責任を問われないようにする行いとしか言いようがない。

そして、事件は想像以上に醜悪な事実を露呈した。自殺した被害者生徒に対して折立中の教諭らが、50代の女性教諭が口にガムテープを貼る、さらに自殺前日も50代の男性教諭が握り拳で頭を殴るという、「体罰」という言葉では到底片づけられない暴行を行っていたことも判明したのである。
義家文部科学副大臣と奥山市長と大越教育長
事を重く見た文部科学省は5月22日、奥山恵美子仙台市長と大越仙台市教育長らを呼び出した。
義家文科副大臣と仙台市
義家文科副大臣と仙台市
映像を見ると、館中、南中山中、折立中の校長・元校長らも同時に呼び出されていたことが分かる。
義家弘介文部科学副大臣
義家弘介文部科学副大臣が「本来、いじめから子どもを守るはずの教員からも体罰を受けていたことが、生徒たちのからかいやいじめを助長させていたと言っても過言ではない」「教育委員会は当初いじめを否定し、体罰も把握しておらず、隠蔽という指摘を免れることはできない」「教育委員会主体では事実解明は信頼性・透明性の観点から困難」と、市長のリーダーシップによる事実解明と再発防止策の作成を要請した。
大越裕光仙台市教育長と義家弘介文部科学副大臣
義家文科副大臣は2016年に大越教育長に対して、館中いじめ自殺事件における加害者生徒の謝罪をはじめとする早期対策を要請したが、加害者生徒と保護者は「いじめはなかった。いじりだった。」としていじめを否定し、現在も仙台市と共に被害者遺族からの民事訴訟が係争中である。そのため今回は奥山市長を呼んだのであろう。
仙台・青葉まつりの奥山恵美子
もっとも、当の奥山恵美子仙台市長は20日・21日の仙台・青葉まつりで、政宗公山鉾の中央に姫君の衣装で鎮座し仙台市民を見下ろし手を振り、祭りを満喫していた。こうした態度からも、残りわずかの任期中に具体的な改善を行うとは考えにくい。

生徒が自殺した直後、折立中学校は公式ホームページから、部活動や課外授業を紹介する「折中NOW」と、教諭名などの公式情報「学校だより」(PDF)の中身を削除。教諭名をはじめとする情報を隠した。当然、生徒の自殺があったことも記載されていない。また、仙台市教委は22日の仙台市議会臨時協議会で、インターネット対策として「巡視員二人が常時監視し、個人情報の削除を進めている」(教育相談課)と回答。ここまで来ても、情報隠蔽の構えを全く崩さない。

こうした仙台市と折立中のあまりの対応のひどさに対し、ネットでは地元住民を中心に怒りが爆発。教諭名も告発されている。公人としての責任を問う公益性を考え、当誌もここに記載する。

仙台市
・市長 奥山恵美子
・教育長 大越裕光
仙台市立折立中学校
・元校長 田中亨
・現校長 髙倉祐一
・教頭  前田弘毅
・教諭  古川弘美(国語)
・教諭  生駒洋一(美術)

いじめ自殺事件における最も重要な対応は、事実の発表と加害者生徒と保護者による謝罪である。その2点が早期に行われてはじめて、「いじめの防止」や「生命の大切さ」といった今後の教育のあり方が議論できる。仙台市の場合はそれに加えて、大越教育長と任命責任のある奥山恵美子市長がいかなる責任を取るかが、今後注目される。

2017年5月23日

参考
<仙台中学生自殺>いじめ「ない」一変「ある」に
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170503_13006.html

いじめ調査「複数の同級生がからかう」 仙台の中2自殺
http://www.asahi.com/articles/ASK4Y65DSK4YUNHB00T.html

中2自殺「過去にいじめ」 仙台市教委と校長認める
http://www.asahi.com/articles/ASK515WQKK51UNHB00V.html

<仙台中2自殺>教諭2人が体罰、報告せず
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1163/20170520_02.html

<仙台中2自殺>女性教諭「体罰と認識あった」
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1163/20170523_02.html


About the Author

天之加久矢
豊受真報の記者の天之加久矢(あめのかくや)です。よろしくお願いします。