沖縄の極左暴力集団構成員、また逮捕

福島みずほ

沖縄県警は、19日、公務執行妨害の疑いで、住所・職業不詳の伊佐雅次容疑者(66)を現行犯逮捕した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動中に警察官の胸を押したとする疑い。

逮捕容疑は19日午後0時5分ごろ、移設先に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、資材の搬入を終えて出て来たダンプカーの前に立ちふさがり、歩道上に誘導した警察官の胸を手で押して職務を妨害したとしている。県警によると、伊佐容疑者は「黙秘する」と供述しているという。

沖縄では極左暴力集団が警察官などを暴行する事件が多発、逮捕者が続出している。沖縄の米軍基地移設に関しては在日中国人・韓国人などが抗議活動に参加しているという情報もあり、違法な政治活動・破壊活動を繰り返している状況だ。こういった事件からも、テロ等準備罪の早期成立が望ましい。ちなみにこの事件について、沖縄の極左暴力集団を率いる社民党・福島みずほさんはいまのところ特に何も声明を出していない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。