韓国、今度こそMERS終息を宣言

MERS

韓国の保健福祉部は、23日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスを24日に終息とすると明らかにした。WHO(=世界保健機関)の基準に基づいたとしている。韓国メディアや共同通信などが報じた。

WHOの基準では、MERSの終息は患者がいなくなってからウイルスの最長潜伏期間の2倍に当たる4週間後とされており、23日にこの期間が経過するため。韓国ではMERS感染者が5月20日から始まり人災によって急増、最後の感染者とされる男性(35)は11月25日に死亡していた。これまで合計186人が感染、38人が死亡している。大型スーパーや企業の閉鎖、2000校以上の休校などの事態を招き、韓国経済に大きなダメージを与えたとされている。韓国政府は7月下旬、隔離対象者が一度ゼロとなった段階で「事実上の終息」を宣言していたが事態は収まらなかった。

韓国紙・聯合ニュースは2015年の韓国10大ニュースの1つとしてMERS蔓延を取り上げ、「韓国社会を恐怖に陥れた」などと説明している。だが実態は初動の遅れや病院施設の杜撰さが原因で蔓延しており、人災を指摘する声が多い。さらに韓国の今年の経済成長率は2%台に落ち込むと予想されており、その原因をMERSのせいにする声もある。人災によって蔓延したMERSを政局の都合で政治利用した形だ。たしかにMERSが韓国を混乱に陥れたことだけは間違いないようだ。

(参照)

韓国、MERS状況終了…発生218日ぶり(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/991/209991.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。