民進党の蓮舫代表、同胞に牙を剥く

蓮舫

民進党・蓮舫代表は、14日、熊本市で開かれた党会合で、4月に離党届を提出した長島昭久・元防衛副大臣や代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の対応について、「最低だと思っている」と厳しく批判した。各紙が報じている。

蓮舫代表の批判は、会合出席者から、両氏の対応が党の支持率低迷の原因と指摘されたことに対するもの。その上で、「苦しくても、一緒に理想を掲げて議論をして仲間を増やしていく」などと述べたという。

民進党では密かに「蓮舫下ろし」が始まっているという。一矢報いるつもりで言ったのか、それともいつもの虚勢なのか、真意はわからないが、蓮舫下ろしは加速していきそうだ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。