エボラ再び・・・アフリカ中部コンゴで3人死亡

%e3%82%a8%e3%83%9c%e3%83%a9

世界保健機関(WHO)は、12日、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)でエボラ出血熱の感染が確認され、4月22日以降3人が死亡したことを公表した。各紙が伝えている。

エボラ出血熱の感染が確認されたのは、中央アフリカと国境を接する北部の低ウェレ州にある森林地帯。2014年に蔓延、49人が死亡していた。また、エボラ出血熱は2013年末から西アフリカで猛威を振るい、ギニア、シエラレオネ、リベリアの3ヶ国で計1万1300人が死亡していた。

コンゴは山奥のため救助もままならないことから、ふたたび蔓延が繰り返される危険性があり、今後パニックに陥ることが懸念される。WHOは状況を確認し随時世界に向け報告を行っていくとしている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。