極左暴力集団「中核派」メンバーで在日韓国人、不法侵入の容疑で逮捕

韓国人

兵庫県警公安3課と西宮署などは、12日、建造物侵入の疑いで、関西合同労働組合阪神支部長で在日韓国人の許用皓容疑者(78・西宮市甲子園口)ら3人を逮捕したことを発表した。労働運動と称した活動で会社の敷地に無断で入った疑い。神戸新聞などが報じた。

3人の逮捕容疑は3月7日午後4時半ごろ、「春闘統一要求」などと掲げて西宮市内の運送会社の敷地に無断で侵入した疑い。許容疑者は「正当な労組活動」などと容疑を否認しているという。県警によると、3人は極左暴力集団として知られる「中核派」の活動家だという。許容疑者はかつて勤めていた同社で雇用をめぐりトラブルとなり、3人は2012年に裁判所から会社への立ち入り禁止命令が出されていたとされる。

極左暴力集団と在日韓国人は日本国内の治安を著しく悪化させている原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。