韓国の慰安婦財団、日本の拠出金10億円を元慰安婦にあげるはずが全額ネコババに動く

売春婦

朝日新聞は、12日、慰安婦問題の日韓合意に基づいて韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」が、今年度の運営費が国会審議で全額削減されたため、日本政府が財団に拠出した10億円の一部を充てざるを得ない事態に陥っていると報じた。

朝日新聞の報じるところによると、財団の理事10人のうち2人が辞任し、財団の事業の推進力は失われつつあるという。日韓合意では、10億円は自称従軍慰安婦だった韓国人たちに支払われることになっていたが、結果的にそれらを救うために設立した財団がネコババを目論む事態になった。

もちろんこれは日韓合意違反。これまでも韓国は、これ以上問題を蒸し返さないとする合意に反し慰安婦像を各地に設立、合意を一方的に破棄し日本に金銭をさらにねだるなど、悪質な行為が絶えなかった。もはや国際的な詐欺行為ともいえる状況だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。