また油撒きテロ、今度は浜離宮恩賜庭園 犯人はキリスト教徒?

韓国人

東京都中央区の浜離宮恩賜庭園で、先月30日、液体がまかれたとみられる染みが見つかった。警視庁築地署はオリーブオイルとみて詳しい状況を調べている。

都によると、同日午前7時ごろ、巡回中の庭園職員が敷地内の茶屋近くの敷石や橋の床板などで染みを見つけた。庭園内を確認したところ、計5ヶ所に残っていた。また同署によると、園内のごみ箱に割れたオリーブオイルの空き瓶が捨てられているのが見つかったという。

オリーブオイルというとキリスト教の聖書によく出てくるもので、「平和」のシンボルを表しているとされる。政治的・宗教的に日本に恨みを持つ者のテロ行為とみられる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。