鳩山由紀夫元首相、Twitterでデマ拡散?した上で「日本はAIIBに入るべき」

鳩山

元民主党(現:民進党)・鳩山由紀夫元首相は、18日、自身のTwitterで、中国が推し進めるAIIB(=アジアインフラ投資銀行)についてコメントした。「トランプ(米大統領)はアジアインフラAIIBについて前向きな発言をした」とした上で「今こそ日本はAIIBに入るべき」などとツイートした。

鳩山さんはツイート内で「日本のメディアには政府にとって面白くないから書かない」とあやふやな日本語でことわりを入れた上、「トランプと習近平の首脳会談でトランプはアジアインフラ投資銀行(AIIB)について前向きな発言をした」とした。おそらくこれは昨年11月の首脳会談のことを指したものと思われるが、トランプ大統領がAIIBに前向きな発言をしたと報道したのは中国メディア。これについて鳩山さんは日本のメディアが報じていないとしているが誤りで、日本のいくつかのメディアは報じていた。ただし、不確かな情報のためか大手メディアは軒並み報じていなかった。その後もアメリカの出方がよくわからないことと進展がないことから報道はされていない。進展のない情報をメディアが記事にするわけもなく、鳩山さんの早とちりの可能性がある。

また鳩山さんは「今こそ日本はAIIBに入るべき」とコメント。日本側は幾度となく参加を拒否しているが、親中派の鳩山さんは諦めきれない様子だ。Twitterは炎上、「金平に命令でもされたの?」「この人の言う事は全部逆が正解、入るべきではない」「税金をAIIBなんてゴミに使ってはいけません」などといったコメントで溢れ、鳩山さんの浮世離れした思想に批判が殺到。収拾の付かない事態だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。