また文化財標的にテロか 京都・二条城に茶色粉末50ヶ所・・・カレー粉?

%e4%ba%8c%e6%9d%a1%e5%9f%8e

世界遺産である京都市中京区の二条城に、18日、二の丸御殿(国宝)や二の丸庭園(特別名勝)などの約50ヶ所で、カレー粉のような茶色の粉末が撒かれているのが見つかった。京都府警は何者かが故意にまいたとみて、文化財保護法違反容疑で捜査している。共同通信などが報じている。

中京署などによると、同日午前11時ごろ、観光客を案内するスタッフが二の丸御殿の廊下付近に粉が撒かれているのを発見。職員が調べたところ、壁や廊下のほか、本丸庭園でも見つかった。同署は敷地内に設置された防犯カメラの分析や、粉の成分鑑定を進める。スタッフが開門前の午前8時半ごろ確認した際には、汚れはなかったという。

反日思想を持つ者の文化財破壊テロが後を絶たない。昨年には在日韓国人が神社の石像を破壊、そして今年には指名手配中の中国人女性らが神社に液体を散布している事件が起きた。今回も類似の事件であることから、反日思想を持つ何者かが破壊を目的として行ったものとみられる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。