Twitter:民進党・小西ひろゆきさん 防衛と侵略行為をごちゃ混ぜにして意味不明な持論を展開

小西ひろゆき

民進党・小西ひろゆきさんが、16日、自身のTwitterで戦争についての持論を展開した。小西さんいわく、防衛は軍事研究であるという。


日本学術会議総会では、防衛と侵略は別物であるとの解釈だ。それについて小西さんは、防衛することは軍事であるから侵略戦争であるとの持論を展開、5つもツイートを行った。自ら認識のずれを認めた形。

小西さんといえば、極左暴力集団に荷担、憲法を悪用し“反アベ”を広めようと活動している民進党議員の一人。言い掛かりともいえるツイートの数々を垂れ流し、これまでも数え切れないほどの炎上事件を起こしてきた。2月にはアメリカ・ドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相のツーショット写真を取り上げ「品格のない顔。よく似た二人。」などとツイート、誹謗中傷を行った。およそ公人と思えない態度について、民進党は特に動きをみせていない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。