朝鮮日報「大韓民国建国は1919年なのか、1948年なのか」

1948年の韓国

韓国紙大手・朝鮮日報は、20日、「大韓民国建国は1919年なのか、1948年なのか」との見出しで記事を掲載。韓国成立が「1919年建国論」と「1948年建国論」で揉めているとの旨を掲載した。

韓国が成立したのは1948年だ。アメリカ軍政が終了し、韓国政府が「大韓民国樹立宣言」を行ったのが1948年8月15日である。当時の委員会で、池青天(チチョンチョン)将軍が突然「国号を大韓民国にせよ、さもないとこの場で割腹自殺する!」と発狂、現場にいた議員らを恐怖に陥れた出来事はあまりに有名だ。しかし朝鮮日報によると、1919年建国論派が憲法を盾に勢力を伸ばし、教科書国定化をめぐり1948年建国論派と激しく対立しているのだという。

韓国起源説に代表されるよう、韓国といえば歴史の捏造が文明そのもののような有り様だ。このまま妄想の歴史が事実として認定されてしまうのか?そうなれば世界各国の笑いものである。あまりに低次元な争いはどちらに勝敗が傾くのか。今後の動向に注目だ。

(参照)

【コラム】大韓民国建国は1919年なのか、1948年なのか(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/19/2015121900428.html

韓国起源説(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。