このタイミングで韓国メディア「日韓海底トンネルは日韓インフラ共同体の完結版」

韓国人

韓国紙・中央日報は、14日、「海底トンネルは韓日インフラ共同体の完結版」との見出しで記事を掲載。日韓の交流が減り続けているとし、日韓海底トンネルの重要性をアピールした。

同紙によると、金仁浩(キム・インホ)韓国貿易協会長は12日、中央日報・日本経済新聞の共同インタビューで日韓貿易が減少していることに懸念を示したとしている。金会長は「国際的指導者なら韓日関係の過去・現在より将来を見据えるべきだ」として両国指導者の姿勢の変化を促したという。

韓国といえば露骨な擦り寄り外交による金銭タカリが常套手段。そのくせ自分たちが歓迎されないと攻撃的な態度を示すのも周知の通り。そういった低次元の外交により、今や宗主国である中国にも見放される事態だ。韓国は日韓トンネルの必要性をたびたび指摘しており、日本とのパイプを実現させ、日本の国益を根こそぎ自分たちのものにしようと必死。北朝鮮が渦中のこの折、またもや韓国人の身勝手な思想が飛び出した形だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。