NHKの強姦記者・弦本康孝容疑者(28) 別件で再逮捕へ

NHK ロゴ

山形県と山梨県で女性に乱暴したとして、強姦などの疑いで逮捕されたNHKの元記者弦本康孝容疑者(28)が、2013年に山梨県内で別の事件に関与したとして、山梨県警は4日、強姦致傷と住居侵入容疑で6日にも再逮捕する方針を固めた。共同通信などが報じた。

捜査関係者によると、弦本容疑者は山梨県の甲府放送局に勤務していた2013年12月、県内の1人暮らしの20代女性宅に侵入し、就寝中のこの女性に乱暴、怪我を負わせた疑いが持たれている。弦本容疑者は「わかりません」と容疑を否認していた。NHK広報局は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者の皆さまや関係者に深くお詫びいたします。事実関係を調べた上で厳しく対処します」などとコメントしたが、その後は特に弦本容疑者についてコメントしていない。

メディア関係者の犯罪が後を絶たない。特にNHKにおいては受信料を徴収するためとして個人宅に押し入り、暴行や脅迫を行うといった犯罪が後を絶たず、総務省からたびたび是正勧告を受けているが、いっこうにその体質が改善されていない。それどころか極左暴力集団への荷担が明らかになるなど、悪化の一途。メディアの信用を著しく失わせているのはメディア自身だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。