コラム:テレビ朝日の資金が朝鮮半島に渡っていた問題 しかし問題はそれだけではなかった

円

総務省が昨年11月25日に公開した2016年分の政治資金収支報告書。その中で「朝鮮半島近代文化研究所」なる政治団体の収支報告も公表され、テレビ朝日の資金がその政治団体を経由し韓国に渡っていたことが明らかとなった。これについてインターネット上では大炎上事件に発展したものの、「やはりというほかない」「全く驚かない」と冷静なコメントが溢れた。これまでもテレビ朝日は露骨に韓国を贔屓する内容の報道を行っており、朝日新聞社もまた異常なまでの親韓・反日色を社説などで掲載、たびたび目にできたことから、いかに朝日系列が韓国と癒着しているか確認作業に留まったようだ。ちなみにこの炎上事件について、テレビ朝日はいまだコメントを発表していない。

ところで、問題はテレビ朝日の資金が韓国に渡っていただけではない。追随してインターネット上では様々な情報が掘り起こされ、拡散されている。その一部を以下にまとめた。

%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e8%bf%91%e4%bb%a3%e6%96%87%e5%8c%96%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80%e3%80%80%e5%8f%8e%e5%85%a5
■違法設立のペーパー政治団体?
政治資金収支報告書によれば、「朝鮮半島近代文化研究所」の代表者は「青山建煕」と記載されている。この「青山建煕」なる人物について、偽名であるとの情報が。「青山健煕」(あおやま・けんき)[リンク:Wikipedia]は大阪府生野区生まれの在日朝鮮人で、本名はよくわからず、1960年には帰国事業のため北朝鮮に渡った人物。2003年には脱北者救援のため活動を行い、法務省は青山が中国など三重国籍であること、さらに北朝鮮の工作員であることを認めている。日本の政治団体は偽名で設立することはルール上不可能であり、また活動実績がない、テレビ朝日の資金を韓国に横流ししていること以外の金の流れがない、事務所費用および事務費もないなどのことから、違法設立した団体の疑いが高いという。

■資金はさらに北朝鮮へ?
政治資金収支報告書では、テレビ朝日の資金が政治団体である「朝鮮半島近代文化研究所」に120万円渡り、それがそのまま韓国にあるとされる「自由北韓運動連合」なる組織に横流しされていることが読み取れる。この韓国にあるとされる「自由北韓運動連合」であるが、正式名称を「自由北朝鮮運動連合」[リンク:Wikipedia]といい、脱北者で構成された団体だ。つまり韓国で政治活動を行う北朝鮮人にテレビ朝日の資金が渡っていたことになる。

■在日朝鮮人団体や極左暴力集団にも繋がる?
政治資金収支報告書内では、政治団体「朝鮮半島近代文化研究所」の所在地は「東京都世田谷区成城6-16-12 成城島田ビル101」とされている。この住所は在日韓国・朝鮮人らの人権過剰擁護で知られる「ユース・フォー・ヒューマンライツ ジャパン」および「人権福祉支援センター」「月刊人権タイムス」なるNPO法人の住所と一致している。同一の住所・同一の部屋番号で複数のNPO法人が登録されているのもおかしな話だが、これらのNPOは極左暴力集団との繋がりも指摘されている。NPO「月刊人権タイムス」では脱北者の人権を主張した記事を連載していた時期もあった。

■テレビ朝日は放送法違反?
このように、テレビ朝日は実態のよくわからない違法設立の疑いが高い外国人政治団体、ましてや北朝鮮と親密な団体に資金を流していたわけだから、メディアの中立性どころか、北朝鮮の反日活動やテロ活動を支援している反社会性企業だ。放送法違反はもちろんのこと、時代が時代ならば国家転覆罪も適用されるであろう大暴挙。現在でも外患誘致として問われるような重篤な問題だ。

—————

一体なぜテレビ朝日の資金が韓国、そして北朝鮮にまで流れているのだろうか。またその資金ロンダリングの影には在日朝鮮人団体や極左暴力集団も。政治団体を経由した不可解な金の動き。テレビ朝日は何がしたいのだろうか。

(豊受真報過去記事)

テレビ朝日、政治団体を経由して韓国に送金していた
http://www.media-japan.info/?p=3236


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。