民進党・辻元清美の疑惑取り上げたブログなど、多数言論弾圧の対象に?

辻元清美

民進党・辻元清美議員の疑惑について産経新聞や有名活動家などが取り上げている。内容は、辻元議員の「塚本幼稚園には行ったことがない」との旨のコメントがウソであるということや、辻元議員が東日本大震災の義捐金3600億円の使途の責任者だという点。ついには辻元議員が工作員を動かしていたとの情報も飛び交い、辻元議員と縁が深いとされる極左暴力集団や在日韓国・朝鮮人団体は閉口。そして事態は思わぬ局面を迎える。

30日時点で、辻元議員の疑惑について取り上げた大手ブログが次々と観覧不可となる異常事態となった。「保守速報」「はちま起稿」「やらおん」といった有名ブログがその対象だ。それらのブログは辻元議員が東日本大震災の義捐金3600億円の使途の責任者であることを取り上げていたところ、突然観覧不可にされたという。原因はよくわかっていないが、DDoS攻撃(通称「F5アタック」)によるサイバー攻撃との見方が濃厚。また、大手掲示板「2ちゃんねる」では辻元議員の疑惑を取り上げた記事でスレッドを立ち上げたところ、その記者は記者の資格を剥奪される事態に。インターネット上では、民進党が各方面に辻元議員の疑惑を拡散しないよう圧力をかけているのではないかと囁かれている。

特に「2ちゃんねる」では「ニュース速報+」板で辻元議員の疑惑を取り上げたスレッドが456個(※1スレッド=1000コメント)を達成、同一の記事でスレッド数が伸びた歴代1位となるほどの“祭”状態となった。森友学園をめぐり安倍晋三首相を攻撃している民進党が極大ブーメランを浴びた形だ。民進党が各方面に圧力をかける動機は十分。民進党はメディアにも辻元議員の疑惑について報道しないよう懇願したとの情報も飛び交っており、インターネット上では言論弾圧だとの指摘が相次いでいる。なお、同日、観覧不能だったブログは観覧可能となり、現在でも見られるようになっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。