【論説】森友学園問題で報道しない自由が発動

関西生コン連合のワゴン

世界は今、大変な混乱期にある。イギリスではイスラム系組織が自動車テロ、中国共産党はトランプ政権に対抗する為にあの手この手で暗中模索、まさに世界が緊迫感で包まれている状態である。

だが、そんな中で日本のマスコミの話題と言えば共謀罪とレッテルを貼ったテロ等準備法案と森友学園の話題で持ちきりである。最近は共謀罪報道が激減したがこれも当然と言えば当然である、何故なら森友学園の問題は安倍政権から国民の支持を奪う為に画策された作られた記事だったからである、しかしテロ等準備法案は閣議決定され、残ったのは森友学園の問題だけであった。また、反日マスコミはここで致命的なミスを犯してしまったのである。証人喚問された森友学園理事長への自民党の追及に対し、理事長妻から安倍昭恵夫人へのメールを切り札にしようとしたのである。

しかしこの事が今まで隠してきた反日勢力の悪事の露呈につながる事になったのである。マスコミはメールの中に辻本清美衆議院議員の名前を見つけ、該当箇所を削除した上で報道してしまったのである。これが彼らの言う 報道しない自由 というべきなのだろうか。

辻元清美は森友学園に手下の工作員を派遣した、ここで関与したのは関西生コン産業政策協議会という労働組織であり、辻元とのつながりの証拠となっていると言えるであろう、何故なら沖縄タイムスが報道した関西における沖縄で逮捕された市民活動家、山城博冶の釈放をアピールするパレードを主催したのが関西生コン産業政策協議会である。

%e9%96%a2%e8%a5%bf%e7%94%9f%e3%82%b3%e3%83%b3%e7%94%a3%e6%a5%ad%e6%94%bf%e7%ad%96%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a 生コン=工事に必須な物であるのでここを通さずに学校を作ったりすることは出来ない。すなわち生コン連合に従わないと高槻では仕事にならないのだ。その為、学校の教師に在日をねじ込む事も利権族に裏金を渡す事も産廃業者を身内だけで回す事も生コンで固める事によって反日の牙城を作る事が可能だと言える。

この事が露呈するのを恐れてか、普段であれば鈴木宗男追及の時代から前面に率先して出てきて国会で攻撃的に追及を繰り広げる辻元氏は今回の証人喚問に姿を見せていない。もし本当に関与していないと言えるのであれば普段通り表に出てきて身の潔白を証明してもらいたいものだ。 2017/03/24
日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1797072.html
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/88215?ph=1