韓国検察、仏像返却めぐり反日無罪を主張「愛国心の面で仏像を日本に返したくないのが当然」

韓国人

韓国人窃盗団が日本の長崎県対馬市にある長崎県指定有形文化財「金銅観音菩薩座像」を盗み出し、韓国に持っていった事件。韓国側は韓国人窃盗団が盗んだと認定しながらも、「元々韓国のものだから奪い返しただけ」などと有り得ない主張を繰り返し、現在でも韓国が保有。一時期は大韓仏教曹渓宗(チョゲチョン)の浮石寺(プソクサ)が保有していたが、韓国政府を相手取り「我々の寺に置いておくべきもの」と裁判を行い、今度は韓国内で強奪合戦が繰り広げられている。

韓国紙・中央日報などによると、浮石寺が韓国政府を相手取って起こした金銅観音菩薩座像引き渡し請求訴訟の控訴審が開かれた。韓国検察「盗品所有権の主張は曖昧」としながらも、「愛国心の面では日本に返したくないのが当然だが、法理的に見れば浮石寺が不利な面がある」などと発言したという。いわゆる「反日無罪」を司法レベルで宣言した形。

韓国といえばこれまでも、日本の国旗を燃やす、日韓で合意したのにそれ以後も慰安婦像を建て続ける、反日デモを行う、窃盗を繰り返すといった、反日思想にまつわる事件が横行。本来ならば国際問題であるにもかかわらず、韓国側は自国民を擁護、反日無罪を適用し続けてきていた。現在では日本の司法にも影響、在日韓国・朝鮮人の仕業か、東京地裁や東京地検に代表されるよう、反日思想に基づく外国人犯罪は不起訴となるケースが後を絶たない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。